ネットスーパーを短期間で構築する

初年度から黒字化するネットスーパーを目指そう

  • Full Screen
  • Wide Screen
  • Narrow Screen
  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size

ネットスーパーを短期間で稼動させる

ネットスーパーシステムの構築は、早期の稼動が必要な中小のスーパーマーケットにとって地域密着、差別化の必須の手段です。

2009年度に通販売上は百貨店売上を上回り、2015年にはチェーンストア売上をも超えると予想されています。

百貨店においても売場売上は、減少していますが、ネット売上は増加しています。

さらに外食産業のワタミも食材のネット販売に加え付加価値の高い料理の宅配も始めました。

このように実店舗の売上減少をネット販売でリカバリーする動きが、流通業界で加速しています。スーパー業界のインターネットを通じた販売の取 り組みも2000年頃から始まりましたが、2009年頃からその動きは加速しています。

2011年6月現在、Yahooで「ネットスーパー」のキーワードでの検索件数は1ヶ月で27万件Googleで21万件です。また、検索されるホームページ数 は4100万ページにおよんでいます。

このことは、今まさに市場が急拡大しつつある証拠であることを示しています。

今後のIT導入のキーワードであるクラウドコンピューティングの思想を取り入れているネットスーパー・システム導入の現状と課題を分析しました。

スーパーマーケットでは、以前からカタログを配布して電話やFax等で注文を受けて日用品を配達する仕組みはありました。しかし採算が取れるシステムとして事業化が進展するとはありませんでした。

このため旧来の店舗運営や、マーチャンダイジングのやり方で売上を確保することが出来るのであれば進出したくない分野でした。しかし、コンビニ、外食産業、ネット通販等との競争の中でマーケットを開拓できる数少ない分野なので、イトーヨーカドー、イオン、西友等の大手スーパーだけではなく、地方のスーパーも進出が加速しています。

まだ、このようにすれば安価で安定的なシステムを構築できて、トラブルがなく運営が可能で、採算もとれるビジネスモデルは見当たりません。このホームページでは中小規模のスーパーマーケットが、ネットスーパーに進出する場合に、短期間で効率の良いシステムを構築するにはどのようにすべきかを考えてみたいと思います。

ネットスーパーの感想

ネットスーパーを利用している人のブログ記事がありました。

メリットは
★重いものを持たなくて良い。

★自宅で品物を選べる。

★産地が明確である。


★冷凍食品や調理済み食材が豊富


★雨の中で買物へ行かなくて良い

等がありました。


デメリットは

★野菜、果物などやや傷んでいるときもある

★価格が高め

★夏場だと冷凍食品が溶けているときもある

のような内容でした。

詳細はこちらへ



また、医薬品の取り扱いを始めたネットスーパーもあるようですので、今後は急に必要になった場合に便利になりそうです。

最終更新 2014年 3月 09日(日曜日) 12:41

ネットスーパーのマイアカウント利用法

ネットスーパーのマイアカウント利用法で便利な方法があります。

今までどんな商品をいつ幾らで買ったかチェックできます。マイアカウントへログインすれば、明細がありますのですぐ分かります。

購入リスト

レシートも不要になります。将来的には家計簿にも利用できるようになるでしょう。

■ダイエーネットスーパー今なら300円もらえます

http://shuf.jp/sp/contents/ad/daieinetsuper/index.jsp

■イズミヤのネットスーパー「楽楽マーケット」松原店および泉北店で開業。

http://www.izumiya.co.jp/press/2013/08/post_225.php

最終更新 2013年 8月 12日(月曜日) 21:42

西友とDeNAが提携したネットスーパーがオープン

西友がDeNAと提携してSEIYUドットコムとして展開していたネットスーパーが2013年6月27日にグランドオープンしました。

従来に比較して、操作性が大幅に向上しました。元々、西友は日本のネットスーパーの草分け的存在でしたが、同業のヨーカドーやイオンと競争やイーコマース専業の楽天やAmazonの参入で苦戦していました。


DeNAとの提携で業績が拡大するかどうか注目です。

心配な点は、売上げは当面それなりにアップするでしょうが、DeNAに支払う費用がかなりかかると推測されます。

親会社のウオールマートのエブリデイ・ロー・・プライシングのコンセプトを実現する価格で消費者に商品供給して、利益が上がるかどうかでしょう。

イトーヨーカ堂も7月3日、新潟県内の3店でイトーヨーカドーネットスーパーをオープンしました。これで新潟県内4店体制になりました。

イオンも2013年6月28日から宮崎県全域に商品を配送するサービスを開始しました。

最終更新 2013年 7月 04日(木曜日) 14:37

岡山県のネットスーパー

ネットスーパーマルイ宅配便は岡山県津山市に本社を置く食品スーパーマーケットです。
岡山県全域をカバーするネットスーパーを運営しています。非常に分かりやすいホームページの構成です.

イオンネットスーパーの岡山店です。

イトーヨーカドー岡山店のネットスーパーです

イオンやヨーカドー等の全国展開のGMSを地元の人が検索する場合は
イオンネットスーパー 岡山
イトーヨーカドーネットスーパー 岡山


のように検索するのが一般的です。

イオンの場合はurlの構成やSEO対策等でほぼトップページに表示されます。

ヨーカドーの場合はまちまちです。

最近はスマートホンからの検索多いのでその対策が重要です。

消費者から見れば、JANコードを入力すれば現在位置に近いネットスーパーを自動的に選択して

比較表示される仕組みがあれば便利です。

言わば、KAKAKU.COMのネットスーパー版ですが、価格COM自体も現在(数時間以内)の最安値が検索

できるわけではないので刻々と変化する売り場のPOSの価格と連動するシステムの開発が必要でしょう。

技術的にも困難ではないし、コスト的にもそれほどかからないのでこの仕組みを構築した企業が競争優位となります。

個人情報保護機能

010年8月に、ユニーの「アピタネットスーパー」、イズミヤの「楽楽マーケット」、大近の「Lucky&Pantry.net」、マルエツの「マルエツネットスーパー」、琉球ジャスコの「琉ジャスネットスーパー」、不二商事の「生鮮TOP便ネットスーパー」、フジの「フジネットスーパー『おまかせくん』」。等で情報漏えいがあったことは記憶にあたらしいですが、これは同じシステムを採用していたために脆弱性を狙われたようです。

ネットスーパーでは、収益性が低いので金融機関のWEBサービスのようにセキュリティー専門会社に24時間365日不正アクセスの監視を依頼することはむずかしいのが現状です。

もし、クレジットカードの情報を扱う場合はカード会社の決済システムを使用し、自社に情報が残らないようにした方が良いでしょう。

お客様の個人情報のデータベースは、暗号化する等の工夫も必要です。

システム設計の段階でセキュリティーの専門家に加わってもらうことが大切です。また、次々新たな手口が出現するので定期的に脆弱性のチェックを受けることも必要です。

クラウドコンピューティングのネットスーパーシステムを採用する場合は、「SaaS」「PaaS」「IaaS」の各レベルでのセキュリティーを十分検討することが大切です。

最終更新 2011年 8月 31日(水曜日) 11:01

1 / 3 ページ

You are here: ネットスーパー